保冷剤の再利用方法について

冷凍庫に保存したままで放置している、保冷剤を再利用する方法が様々あります。

まず、手作りの消臭剤として利用することができます。

安心、信頼の日本経済新聞使いやすさが好評です。

作り方は、解凍した保冷剤の中身を好みの容器に移して、色をつけたい場合は、好みの色の絵具を少量混ぜて棒などでかき混ぜます。

トイレの消臭剤として利用したり、気になる生ゴミのニオイを解消する効果も期待できます。

もし香りをつけたい時は、市販のアロマオイルなどを数滴垂らします。

直射日光の当たらない場所に置いておくと、1週間くらいは使用することができます。ただし、小さな子供やペットなどがいる場合は、誤飲を防ぐために置く場所に注意する必要があります。

その他の再利用方法として、観葉植物などを育てている場合は、解凍してジェル状になった保冷剤を鉢植えに撒いておくと、保水剤としての役割を果たしてくれます。

保冷剤に含まれる吸水性ポリマーは、水をたっぷりと含んでいて、水分が土の中に徐々に溶けだすことで、保水剤としての役割を果たしてくれるので、水やりの回数を減らすことが可能です。

観葉植物の他にも、フラワーアレンジメントにも利用することができます。

吸水性のスポンジの代わりとして使用すると、茎がジェルにしっかりと絡むので崩れにくくなります。
それから保冷剤は、洗面所や浴室の鏡を掃除する時にも利用できます。
方法はまず、解凍したものを雑巾につけて鏡を磨きます。



そして、乾いた布やキッチンペーパーなどを使って拭き取ると、ピカピカになります。


再利用する際は、取り扱いには十分に注意する必要があります。

あなたに合った条件の定温輸送の情報を公開しているサイトです。